子どもに何かを望まない。

f0260098_14142726.jpg
長女の通う保育園のいつも優しく、おっとりした先生に、
どうしていつもそういられるのか聞いたことがあります。

「否定しない。望まない。」

そんな答えが返ってきました。

「否定しない。」は言葉のまますんなり理解できましたが、
「望まない。の方はその時はあまりしっくりせず。。

今になってようやく『こういうことだったのか。。』と、
少しずつ理解できるようになりました。

自分自身がそうだったのですが、
知らない間に娘たちに色々な期待を持っていました。

『もっと〇〇すればいいのに。。』
『他の子みたいに〇〇すればいいのに。。』
『もっと〇〇だったらいいのに。。』

小さなことではりますが、例えば公園の滑り台。

1歳6ヶ月になっていない怖いもの知らずの次女が何回も滑るのを見ても、
3歳6ヶ月になる頃の長女は怖くて一人で滑れませんでした。

「思い切って一回やってみれば大丈夫」
「大丈夫怖くないから滑ってみなよ。大丈夫だから。」

そんな風に声をかけては、それでも滑れない長女に少々がっかり。

ちょっとしたことではありますが、
日々の暮らしの中でそのちょっとしたことが意外とあり、
子どもにとっても大人にとっても小さなストレスになっていたと思います。

長女が今の園に通うようになって半年ほどが過ぎた時から、
子どもの選択をすんなり受け入れられるようになってきました。

他の子と違うことをしていても、「楽しいならそれでいいんじゃない。」
そんな風に思えるようになってきて、知らず知らずに子どもに対して持っていた期待を少しずつ手放せるようになりました。

それでも、裸足で走ったり、遊んだりしている姿を見ると、
「あー、気持ちがいいなぁ。」と嬉しくなりますし、
密かな期待がむくむく沸いてくることは多々あります。笑

だけど、小さな期待を手放して、娘たちのことをただただ受け入れると、
心の底から可愛いと思えるようになるんです。

いろいろな思いや期待を手放して、
目の前にあるありのままを受け入れる。

ただもうひたすら大好きという気持ちだけで、
子どもと一緒に過ごす時間が、今一番幸せな時間です。



インスタグラムにも遊びに来ていただけると嬉しいです。♪
いいね、コメント、フォロー、ありがとうございます。





トラコミュ作りました。♪

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

現在、229人の方に参加して頂いてます。
新しく参加してくださったブロガーさん、
いつも参加して頂いているみなさま、本当にありがとうございます。

子育て中のみなさま。
是非、トラックバックしてくださいね。♪



ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村





[PR]
by hananowa-hana | 2016-05-23 14:18 | 子育て

6歳と4歳の娘と0歳の息子のいる暮らし。70平米の小さなお家に家族5人で暮らしています。


by satomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30